DHAとEPAが同時配合されている訳

DHAと同様にサプリメントに含まれているEPAとはどんなものでしょうか。EPAは、エイコサペンタエン酸というものです。これも青背の魚に含まれている成分であり、DHAと同じような作用をすることもありますが、DHAにはない効果をもたらす部分もあります。同じ魚を原料とした成分ですので、もし健康に役立つ成分なら同時にサプリメントで摂る事が出来たら嬉しいですね。

EPAは血液の流れをよくして、DHAと同じように中性脂肪を減らして生活習慣病の予防などに役立ってくれますが、その他に、コレステロールを減らしたりできます。ただし、脳神経の活性化についてはDHAのほうが効果があるといいます。

EPAの主な効果として、アレルギー反応を抑制したり、炎症の防止、敏感肌に悩まされている場合でもEPAは優れた効果を発揮するようです。その上、血液をさらさらにするので動脈硬化や脳卒中を予防してくれるといいます。

また、個人差はありますが、婦人科系では生理痛を予防してくれたり、ガンの発生を抑制する働きもあるといいます。このEPAとDHAが同時配合されているということは、それだけの効果が期待できるということなので、できればDHAサプリを選ぶときも、EPAとの同時配合がいいでしょうね。

注目の記事

DHAとEPAが同時配合されている訳

記事を読む

サプリメントで摂れるDHA

記事を読む

食品に含まれるDHA

記事を読む